ハウスメーカーの受付の派遣

おすすめ

ハウスメーカーの受付のお仕事をお探しなら大手受付の求人が多い人材派遣会社一覧が便利ですよ♪

人気のハウスメーカー受付のお仕事はすぐに募集が終了する事も・・・あらかじめハウスメーカー受付の求人が多い人材派遣会社に登録しておく事で最新の求人情報をGETできます。

ウスメーカーの派遣のお仕事について

ハウスメーカーとは、規格住宅や工業化住宅を販売・施工する住宅建設会社のことです。他の企業同様、ハウスメーカーでもたくさんの派遣社員を活用しています。多岐に渡るハウスメーカーでの派遣のお仕事について、詳しく見ていきましょう。

さまざまな業務内容や職種あり

ハウスメーカーが募集する派遣のお仕事は、一般的な企業に多い総務や経理などの事務的業務、営業補助、受付といった仕事のほかに、CADオペレーターやインテリアコーディネーター、設計など専門の資格や知識が必要な業務で派遣社員を登用することも少なくありません。
また、日本全国の住宅展示場に自社製品を「モデルハウス」として展示することも多く、現地の住宅展示場での受け付けや応対などの接客とモデルルーム内の整備・管理業務を派遣社員に委託することもあります。

■勤務時間

ハウスメーカーの本社や営業所などの一般的な事務、受付などの勤務時間は、一般企業と同じく9時〜17時というのが一般的なようです。専門技術・知識が必要な業務も、勤務時間自体はだいたい同じ。ただし営業補助や住宅展示場での勤務になると、お客様の都合に合わせて夜間に打ち合わせがあったり、展示場の開場時間に合わせて(開場30分前〜閉場30分後など)の勤務時間になることもあります。展示場などの場合は、数人のスタッフとシフトを組んで、時間をずらしながら○時間という勤務形態になる場合もあります。

■勤務日

ハウスメーカーの特徴として、平日よりも土日・祝日のほうが忙しいということが挙げられます。実際に家を建てるお客様に接する営業職はもちろん、住宅展示場などのスタッフは、土日・祝の出勤が必須となるケースが多いです。専門職のインテリアコーディネーターなども、お客様との打ち合わせなどで休日の出勤が少なくありません。このような事情から、一般業務を行う本社や営業所も含めてウィークデーを休日とする会社も多いようです。そのため一般業務の派遣に応募する際も、休日についてはしっかり確認したほうがよいでしょう。

■ハウスメーカーの給料

一般的な業務の場合は、他の業種とほぼ変わりありません。製図するCADオペレーターや建築士などの専門資格や知識・技術が必要な場合は、当然その資格や知識・技術に応じた給料になります。また、営業関連の業種の場合は、派遣にも歩合制を取り入れているところが少なくありません。自身で成約(契約を取る)した場合、1件につき5〜10万円前後の歩合がつくことも。ただし歩合制の場合は、基本給が非常に低かったり、ノルマを何カ月も達成できないと契約を解除されてしまう可能性もあります。住宅展示場の受付・案内業務などの場合は、土日・祝辞の出勤必須ということで、他の企業の同業種よりも少し給料が良い場合もあるようです。

ハウスメーカーの派遣として働くメリット、デメリット

メリット

ハウスメーカーが求める資格やスキル(CAD、設計など)を持っている人にとっては、他の業種よりも高給で働くことができます。また、家をまるごと一軒建てることを請け負う単価の高い契約になるため、営業力がある人は歩合で大きく稼ぐことができるのも魅力です。

これは非常に特殊な例ではあると思いますが、知人に家を建てる予定が複数あったために、人気ハウスメーカーの短期営業派遣社員となり、知人とメーカーをつないだことで高額な歩合を稼ぎ出し、知人を紹介しきったところで辞めたというケースも。

生保の営業職には多いパターンですが、商品が高額な住宅メーカーにもこうした働き方があるとは少し驚きですね。住宅展示場で現地採用(勤務地限定)がある場合は、自宅近くに住宅展示場がある人にとっては通勤しやすいというメリットもあるでしょう。

デメリット

土日・祝日に出勤する必要がある職種が多いので、家族などと休日が合わなくなるというデメリットはあります。しかし、逆に子どもが小さい人などは、平日勤めのパートナーに休日子どもを見てもらい、自分はあえて土日・祝日に働くには向いています。

歩合制の営業職の場合は、ノルマがこなせないと非常に少ない額の給与しかもらえなかったり、契約を短期で打ち切られてしまう可能性が大きいのがネック。

住宅展示場の案内などの職種の場合は、勤務地指定と指定なしの場合があり、指定なしの場合は数か月ごとに、いろいろな住宅展示場に配属されることもあるようです。

通常、住宅展示場は郊外の駅から少し離れた場所にあることが多く、最寄駅から出ている無料の送迎バスなどは開場時間から運行していることが多いので、通勤のために自家用車が必要だったり、バスなどを乗り継かなくてはならない場合もあります。

ハウスメーカーの派遣にオススメの方

ハウスメーカーにはさまざまな職種があり、一般職、専門職、営業職などは、他の業種ととくにかわりがありません。ここでは、他と少し違う住宅展示場で案内や管理を行う業務を行う人にはどのような方がおすすめか考えてみましょう。

住宅展示場には、すぐに家を購入したいと考えている人のほかにも「いつかは家が欲しい」と考える人、家のインテリアに興味がある人、展示場で行われるイベント目当てに来場した人、散歩がてらの人、など様々な人がやってきます。

つまり今回の来場が、すぐに成約に結び付く可能性が高い人から低い人まで、いろいろなお客様と接するわけです。感じのいい接客態度はもちろんのこと、お客様の購入希望度を察知して、直近の住宅購入を考えているお客様を逃さず、スムーズに営業担当につなぐスキルも求められます。

アンケートのお願いやお茶出しなど、人と接することが好きなことはもちろん、観察力も必要です。さらに展示場はいつも、清潔で整っていることが大切。ルーム内の清掃や庭木の水やりなどこまごまとした雑務もたくさんあるので、家事や掃除が得意な人にはぴったりな仕事と言えるかもしれません。

派遣VSパート・アルバイトではどっちがいい?

勤務時間や勤務日を限定して働きたいならパートやアルバイト。しかしパートやアルバイトの場合も、住宅展示場などの勤務の場合は土日・祝日勤務は必須なケースがほとんどです。営業職などの場合は、パートやアルバイトの場合は「サポート」の意味合いが派遣よりも強くなるので、仮に契約を取っても歩合が付かないケースがあります。

派遣やパート&アルバイトとは少し形態が違いますが、結婚・出産をきっかけに仕事を辞めた建築士やインテリアコーディネーター、エクステリアコーディネーター(家まわりの庭造りなどをアレンジする仕事)などが、委託業務のように一件ごとに会社から発注を受け、個人の契約で仕事に携わるケース(個人受け外注として自宅で作業したり、都合の良い時間に会社で作業する)も最近増えているようです。

ハウスメーカーの派遣サイトランキング

ハウスメーカー派遣の仕事がたくさんみつかる派遣会社をランキングにてご紹介

■1位、テンプスタッフ

豊富な求人数とスタッフ就業数が特徴。サポート体制づくりにも力を入れている。

>>テンプスタッフの派遣登録のページはこちら

■2位、アデコ

関東圏の求人に強い派遣会社。派遣スタッフの満足度も高い。

>>アデコの派遣登録のページはこちら

■3位、スタッフサービス

日本最大級の求人数を誇る派遣会社。登録(無料)した人だけに通知する「非公開求人」も多数。

>>スタッフサービスの派遣登録のページはこちら

まとめ

いかがでしたか。ハウスメーカーの派遣で働くイメージが少しクリアになったでしょうか。一般の企業で行われる通常事務などの業務から、営業成果で収入が大きく変動する営業職。展示する住宅を美しく保ちつつ、来場者を接客する住宅展示場勤務。

専門のスキルを生かした設計、CADオペレーターなど、あらゆる業種で成り立つハウスメーカー。幅広い職種の派遣社員を常時受け入れています。

最大のポイントは、多くが「土日・祝日も勤務」が必須である場合が多いこと。これをメリットと捉えるかデメリットと捉えるかは人・事情それぞれですが、まずはここを踏まえてハウスメーカーの派遣で働くかどうかを考えるとよいでしょう。

最新のエントリー一覧

どっちがおとく?派遣vs正社員
"いまやすっかり働き方のひとつとして定着した派遣社員。 私もまわりの友達にも派遣...

派遣で海岸の警備員のアルバイト
"夏場にアルバイトをしたいと思い、短期で派遣会社に登録しました。派遣会社から紹介...